最後尾のフィクソが最もやってはいけないこと

1対1を仕掛けた場面

他のスポーツと同様にフットサルにおいても、ポジションごとに「やっていいプレー」と「絶対にやってはいけないプレー」といったセオリーは存在します。

今回はフィクソのNGプレーを解説します。

フィクソはフィールドプレーヤー4名の中で"最後尾"にいる守備的なポジションの選手です。

そのフィクソにとって、最もやってはいけないことは何でしょうか?

それは最後尾から1人だけでドリブル勝負を仕掛けることです。

このシチュエーションで相手にボールを奪われるとゴレイロとの1対1という決定機を作られてしまいます。

それだけ、フィクソのドリブル勝負にはリスクがついてまわるのです。

逆に言うと、味方のカバーリングを期待でき、仮にドリブル突破が失敗した場面でも即失点につながらない場所、つまり両サイドがドリブル勝負を仕掛けるのに適しています。

特に両サイドの高い位置は、縦や中にドリブルで切り込んでいくだけでチャンスを生み出せる場所です。

ドリブルが得意なアラがいるチームでは、元々はバスケットボールの戦術である「アイソレーション」を行うことも多々あります。