ゴレイロはキャッチせずにボールを弾くことが基本中の基本

キャッチせずに弾くことが大切

フットサルのゴレイロとサッカーのゴールキーパーは似て非なるものです。

サッカーのGKを思い浮かべて、フットサルのゴレイロとしてプレーすると「失点」という形で必ず痛い目にあいます。

フットサルがサッカーと異なる要素として、ゴールの小ささの他に「シュートを打たれる距離」を挙げることができます。

フットサルでは至近距離からシュートを打たれることのほうが多いです。

そのため、シュートに対してキャッチせずに弾くことが基本となります。ただ、絶対にキャッチがダメというわけではなく、確実にキャッチできる時だけ、キャッチに行くようにします。

ただし、弾く場合でも、来たシュートをむやみに弾くのではなく、考えて弾く必要があります。何を考えるかというと、「ボールを弾く方向」です。当然、弾くべき方向は「敵のいない場所」となります。

相手オフェンスも当然、リバウンドを狙っています。そこでリバウンドのボールを拾われると、必然的にピンチに陥ってしまいます。ディフェンス側としては、それは避けなければなりません。

弾くことを考える上で、ゴレイロにとって難しいシュートに対してはコーナーキックやキックインに逃げることも選択肢として頭に入れておきましょう。

また、キャッチは手で行う必要がありますが、フットサルのゴレイロにとっては足でセーブする機会も多いものです。実際、グラウンダーのシュートに対しては、手ではなく足で行うことのほうが多くなります。足を使うことも踏まえて、「キャッチではなくボールを弾く」と意識しておくといいでしょう。