フットサルにおけるGKである「ゴレイロ」の3つの基本

「ゴレイロの基本」イメージ画像

フットサルにおけるゴレイロの役割は多種多様です。ディフェンスの裏のスペースを消すスイーパーとしての役割、味方がプレスを受けたときのパスの選択肢としてのポジショニング、ゴールクリアランス時のスローによるチャンスメイクなど、挙げればキリがありません。

ですが、ゴレイロはサッカーでいうところのゴールキーパー(GK)です。したがって、まずは相手のシュートをストップすることが最大の役割であることを意識しましょう。

ここでは、相手にゴールを決めさせないゴレイロになるための基本的なポイントを3つ挙げます。

身体を壁にして当てるイメージでセーブする

サッカーのGKはシュートに反応し横っ飛びでシュートを止めているイメージがありますが、フットサルのゴレイロはまったく違います。

フットサルのゴールマウスは高さ2メートル・幅3メートルとサッカーよりも遥かに小さく、また相手シュートを至近距離で受けることになります。

したがって、シュートに反応して止めるというよりも、身体を壁にしてボールに当てることでシュートをゴールまで通過させないイメージを持つことが大切です。

基本姿勢は中腰で、壁になることを意識しましょう。

シュートを打たれるまでは下手に動かない

相手がシュートを打つ前に動いてしまうゴレイロがいますが、これでは相手が容易にシュートコースを見つけゴールを奪いやすくなります。

そのためにも、動きたいところを我慢し、相手がシュートを打つまではアクションを起こさないことを強く意識しましょう。

もちろん相手はゴレイロを先に動かすためにフェイクなどを試みてきますが、身体を壁にしつつ我慢することが大切になってきます。

サッカーのGKのように横になるのはNG

サッカーを見ていると前に飛び出したGKがコースを消すために横に寝るシーンを見かけますが、フットサルのゴレイロでは完全にNGです。

足裏を使うフットサルでは、横になったゴレイロは簡単にかわされループシュートなどでゴールを奪われてしまいます。

『横に寝ることはフットサルでは厳禁』、このことを覚えておきましょう。