パスの意識をしっかりと持って、ゴレイロはスローをすることが大切

キーパーグローブを付けているゴレイロの手

ゴレイロのスローイングを考える上で、まず大前提として「スローイングもパスである」ことを再認識することが大切です。

したがって、味方のフィールドプレーヤーが取りやすいボールを投げる必要があります。

ゴールクリアランスで近くの味方へスローする際でも、あくまでもパスとして行いましょう。アンダースローについて『味方が取りやすいようにバウンドをしないボールを投げろ』と言われるのは、全て「パス」だからですね。

ゴレイロが投げるときのスローの種類3つ

フットサルの場合、コートが狭く、ゴレイロからのスローだけで決定機を掴むこともできます。それほど、ゴレイロのスローイングは大切です。

基本的には投げるボールの距離によって、スローイングを使い分けることになります。これはイメージしやすいでしょう。

近くにいる味方の足元へ確実に投げる場合
アンダースローを使う
ハーフウェイライン付近の味方へ投げる場合
サイドスローを使う
相手ゴール前に投げる場合
オーバースローを使う

近距離のボールを投げるときは「アンダースロー」

基本的にリスクがなく確実に味方へボールを渡せるので、試合中に一番使う投げ方となります。

ポイントはただ1つ。「バウンドさせない」ことです。

バウンドするボールを送ると、味方がトラップしづらくなります。たとえ近距離にいるノーマークの味方へ投げる場合でも、雑にならないようにしましょう。

中距離のボールを投げるときは「サイドスロー」

このサイドスローは、味方の足元を狙って投げていきます。

味方へのマークが厳しく足元へ投げれない場合でも、裏のスペースへ走る味方へのスルーパスとしても使うことができるのが特長です。

投げるときのポイントは、手首をスナップしてボールをリリースすることです。

長距離のボールを投げるときは「オーバースロー」

一気に相手ゴール前にボールを供給していくような長距離のボールを投げるときはオーバースローで行います。

ゴレイロのスローだけで相手ゴール前でのチャンスを作るシーンは、フットサルの大きな魅力ですよね。

このオーバースローもいろいろとアレンジができます。速いボールや、わざと山なりにして滞空時間を長くすることでループパス気味のスローをしたり。

上手いゴレイロのスローを見てみることも大切です。