ゴレイロはボールとゴール中心を結んだ線上にポジショニングすることが基本

ボールとゴール中心を結んだ線上

ゴレイロ(GK)のポジショニングはシチュエーションによって当然、変わってきます。

ただ、いつも意識すべきセオリーとして「ボールとゴール中心を結んだ線上に立つ」というポイントが挙げられます。

ゴレイロのポジショニングにおける「いい例」「悪い例」を挙げた下図を見てください。

ゴレイロのポジショニングのセオリー「いい例」解説図
ゴレイロがボールとゴール中心を結んだ線上にしっかりと立っている。
ゴレイロのポジショニングのセオリー「悪い例」解説図
ゴレイロがボールとゴール中心を結んだ線上にしっかりと立てていない。これでは開いたシュートコースを狙われてしまう。

ニアポストに寄っていてはファーポストへのシュートコースが開き、逆にファーポストへ寄っていてはニアポストへのシュートコースが開いてしまいます。

たったボール1個分でもポジショニングがズレていると、逆サイドへのシュートに対応することが難しくなります。

相手がどんな位置にいても、ゴレイロであれば「ボールとゴール中心を結んだ線上に立つ」というセオリーは絶対に守りましょう。