中央でボールを受けるポストプレーの基本的な動き方

中央でのポストプレー

逆サイドからのパスを中央で受けるピヴォ当ての一例を紹介します。

「中央でのポストプレー」解説図面01
オフェンスは後方に3人、左サイド前線にピヴォが張っている状況。なお、ディフェンスはマンツーマン。
「中央でのポストプレー」解説図面02
オフェンスは直接ピヴォ当てすることを諦め、左サイドから右サイドにボールを回す。ピヴォAがゴールラインに向かって走る。
「中央でのポストプレー」解説図面03
ピヴォAの動きはフェイクで、方向転換から中央へ顔を出す。そこにオフェンスDがくさびのパスを入れる。

ポイントは「フェイク」です。

今回は、相手ディフェンスがマンツーマンで対応をしてきています。

この場面で直線的に動いても相手のマークを外せていないので、パスをカットされるか、すぐに寄せられてしまう可能性が高いです。

そこで、一度フェイクを入れることで、相手の前にしっかりと出て、パスを受けることができ、その後の攻撃の展開につなげることができるのです。