ピヴォによるサイドでの基本的なポストプレー

基本的なポストプレー

サッカーのフォワードにあたるポジション「ピヴォ」。

フットサルでも攻撃における起点となるような前線でのプレーが求められます。

今回はサイドに開いてパスを受ける基本的なポストプレーを解説しています。

「ピヴォによるサイドでの基本的なポストプレー」解説図面01
ピヴォのAが敵ゴール前でポジションを取っている。アラのBが左サイドでボールを持つ。
「ピヴォによるサイドでの基本的なポストプレー」解説図面02
Bがドリブルを仕掛ける。ピヴォのAはペナルティーエリア中央へ移動する。
「ピヴォによるサイドでの基本的なポストプレー」解説図面03
ピヴォのAが見せた中央への動きはフェイクで、左サイドに動き直してBからのパスを受けた。

上の図では、ピヴォの選手がパスを受ける前にフェイクをしています。このフェイクの動きを入れることで、相手選手によるマークから距離を取ることができ、余裕を持ってトラップをすることができます。

右利きの場合は左サイドにポジションを取るべし

上図では、ピヴォの選手は左サイドで、味方からボールを受けました。

このような左サイドでのプレーは右利きの選手のほうが向いています。

なぜでしょうか?

相手ゴールに背を向けたとき、利き足の右足はタッチライン側にあります。これにより、敵から遠いところでボールをキープしながら、ピッチ中央の状況を把握することができます。