ピヴォ当てなどで味方にボールを落とすときのポイントは「敵に悟られない」こと

落とす方向を敵に悟られないようにする

ピヴォの役割の1つにピヴォ当てなどで、攻撃の"くさび"となることが挙げられます。

そのとき、ピヴォが何も考えずに味方にボールを落とすと、簡単に敵にボールを奪われてしまいます。

ピヴォが何も工夫せずピヴォ当てからボールを落とすと、落とす方向を敵に悟られるからです。落とす方向を予測できた相手ディフェンスは自分のマークを離れてボールカットを狙うことが可能になります。

パスを出す前にピヴォができる工夫としては、例えば落としたい方向とは逆方向に1度ボールを動かしてから、足裏で味方に落とすことです。

これによって、相手ディフェンスはパスを出す方向を予測しづらいためパスカットを行いにくくなります。

また、味方からのくさびのパスを右足裏でトラップし、パスを出すときは左足というように、両足をうまく使うことでも味方に落としやすくなります。