ピヴォはズルズルと下がらずに前線で我慢するようにする

ピヴォは前線で我慢

ポストプレーなどで攻撃の起点となるべきポジション「ピヴォ(PIVO)」。

ピヴォ当てなどでボールを受ける回数が増えれば、当然のように自チームにとってチャンスは増えます。

ただ、逆に相手チームにとって必然的にマークを厳しくする対象となるのもピヴォです。相手チームとの力関係によっては、試合中にほとんどポストプレーの機会がないケースもあるでしょう。

その場合、相手ゴール前から自陣の方向へズルズルと下がってボールを受けたくなると思います。しかし、いくら味方からパスを受ける回数が増えたとしても、相手ゴールから遠い位置でボールを受けた状況は相手チームにとって脅威となるでしょうか?

ピヴォが後方に下がることで、自分たちの攻撃がなかなか前に進まないケースも多くなります。相手チームのフィクソに脅威を与えるためにも、パスをなかなか受けれない状況であっても安易にズルズルと下がらず、前線で張り続けることがピヴォにとって大切な"我慢"です。