ピヴォにとってのポストプレーの役割

相手ディフェンスを背負っての足裏トラップ

ピヴォ(PIVO)は一般的に「サッカーでいうところのフォワード」と表現されます。

したがって、「ピヴォ=ゴールゲッター」という図式が多くの人の中にあると思います。

しかし、実際のフットサルのプレーでは、ピヴォにはシュートを決めること以外に、さまざまなプレー・役割が求められています。

くさびのパスを受けてのポストプレーもピヴォにとっては大事な役割

冒頭にも書いたようにピヴォは一般的に「FW」であると言われています。つまり、シュートを打つことが仕事であると。そうなると、相手チームもそのことを十分に理解しているので、ピヴォへのマークは必然的に厳しくなります。

ピヴォにマークが集中する中、ピヴォが強引にシュートを狙っても、なかなか相手ゴールを割ることはできません。

そこで、ピヴォは別の選択肢を考えます。シュートではなく、パスです。

前線にポジションを取り、味方からのいわゆる"くさびのパス"を受けます。そして、前線に走りこんでくる味方選手へパス。つまり、ポストプレーです。

エンジョイレベルではスキルの高いピヴォが強引に突破できるかもしれませんが、レベルが上がってくるとピヴォ1人だけではゴールを奪えません。ポストプレーは大事なピヴォの役割の一つです。