カウンター時の攻守の練習になる「2対1+1」形式のトレーニング

カウンターの状況下での2対1+1

オフェンスにとって数的有利、ディフェンスにとって数的不利の状況からスタート。そして、ディフェンスを遅らせて参加させることで数的同数とする「2対1+1」のトレーニングです。

カウンターにおける攻守両面の練習となります。

トレーニング「2対1+1」図解01
攻撃側2人(AとB)、守備側2人(1と2)、そしてゴレイロ2人が参加するトレーニング。ディフェンス1がハーフウェーラインからドリブルで相手ゴレイロに向かって進みパス。
トレーニング「2対1+1」図解02
パスを受けたゴレイロはオフェンス2人のうちどちらかへスロー。AとBのオフェンス2名に対しディフェンス1名の2対1が始まる。ディフェンス1はゴレイロに向かってダッシュ。
トレーニング「2対1+1」図解03
ディフェンス1はオフェンス側ゴレイロの後ろを回り、2対1の守備に参加する。オフェンス側は素早く攻撃することが求められる。

オフェンスは素早く攻撃することが大切になってきます。また、ファーポストへ詰めることを徹底し、シュートパスの意識を高めることも大切です。

ディフェンスは遅れてくる味方1名のために、攻撃側に手数をかけさせるような守備の仕方を意識することが必要です。また、ゴレイロも含めた数的同数として守るという守備面での連携強化も、このトレーニングの目的の1つになってきます。