ボールホルダーを中央にしたカウンターの形を習慣づける「3対1+1」形式のトレーニング

カウンターの形を習慣づける練習

3人で仕掛けるカウンターのシチュエーションを想定した基本的な練習メニューです。

カウンターの練習メニューである「2対1+1」と同様に、攻撃側は数的優位を活かすように素早く攻撃を行い、守備側は素早く自陣に戻ることはもちろんのこと、ゴレイロと連携して守ることがトレーニングの目的の1つです。

それに加えて、今回はオフェンスを3人、ディフェンスの2人のうち1人を遅らせることで、3人でカウンターを仕掛けている状況を作り出しています。

この状況で大切なのはボール保持者が攻撃側の中央に移ることです。通常、ドリブルを仕掛けていますが、そのドリブルでサイドを駆け上がるのではなく、中央へドリブルを進めます。これにより、攻撃側の残り2選手は両サイドをサポートに駆け上がり、カウンター時のオフェンスの選択肢が広がることになります。

このカウンターのセオリーを意識して練習を行います。

『「3対1+1」形式のトレーニング』解説図面01
ゴレイロがディフェンス1にスロー。ディフェンス1は攻撃側の選手へボールを渡す。ゴレイロからのスローを受けなかったディフェンス2はゴールラインまで走ってから守備に参加。
『「3対1+1」形式のトレーニング』解説図面02
左サイドにいたボールホルダーのオフェンスAがドリブルで中央へ。中央にいたオフェンスBが左サイドを駆け上がる。また、オフェンスCもサイドを駆け上がり、しっかりとファー詰めした。

最初にゴレイロからスローを受けなかったディフェンスはゴールラインまでダッシュしてから守備に加わります。オフェンスは当然、この遅れてくるディフェンスが戻る前に素早くシュートまで持って行くことが大切です。

最初に左サイドにいたオフェンスがドリブルで中央へ進み、オフェンスの選手が交差しています。カウンター時に「ボールホルダーが中央にいる」形を取ることで、シュートまでの選択肢が広がり、得点の可能性が高くなるのです。