肩や腰の周辺の筋肉の柔軟性を高める「内転」のストレッチ

「内転」のストレッチ

この「内転」のストレッチは、肩や腰の周りの筋肉の柔軟性を高める準備運動になります。

まずは、つま先を外側に向けて、四股を踏むように足を大きく開いた状態で立ちます。

そこから背筋を伸ばし、両手を膝の内側に置き、腰を落としていきます。最後は腰にねじりを加えることで、より筋肉の柔軟性が高まります。

「内転」のストレッチはウォーミングアップ時に行なっておきましょう。