2人1組で行なう基本的なパス交換のウォーミングアップ

2人で行なうパス交換のウォーミングアップ

練習前はもちろん公式戦の前にも、ほとんどのチームがウォーミングアップ中に行なっている2人1組の「対面パス」についてです。

互いに向かい合ってパスを交換するオーソドックスな内容ではありますが、ひとつひとつに意味を持たせて行いましょう。

このパス交換の間に、フットサルの試合で使用される一通りのパスを確認します。インサイドキックから始まり、インステップキック、アウトサイドキックなどいろいろな種類のキックでパスを出します。

また、パス交換ではありますが、同時にトラップにも意識を向けてしっかり行いましょう。ここでもフットサルにおける基本的な足裏トラップに始まり、インサイドでのトラップ、アウトサイドでのトラップなど一通りのトラップを確認します。

忘れがちなのが「浮き球」の練習。この2人で行うパス交換の間に、ループパスについてもしっかりとやっておきましょう。

慣れてきたら「ゲーム中のプレー」をイメージ

パス交換に慣れきたら、無意識にパスを出すのではなく、実際の試合中のプレーをイメージして行いましょう。周囲にディフェンスがいるイメージで少しフェイクを入れてトラップしたり、少しボールを動かしてからパスを出したり。

実際の試合では、完全にフリーになる時間は限られています。ウォーミングアップの段階から、ゲームを想定して練習することが大切です。