初心者にとってわかりにくい「ゴレイロへのバックパス」ルールをわかりやすく解説

GKへのバックパスルール

フットサルのルールを語る上で、初心者を最も悩ませるのが「GKへのバックパス」ルールでしょう。

時間稼ぎができないようにするために設けられたこのバックパスルール。簡単に言ってしまえば『ゴレイロにバックパスできるのは1回だけ』とするルールです。

もう少し詳しく説明すると、ゴレイロは自陣内で一度ボールに触れてしまったら、相手がボールを触るか、ゴレイロ自身がハーフウェーラインを越え相手陣内に入った状態でなければ、再びボールに触れることはできない、というルールになります。

もし、ゴレイロが自陣内で2度目のボールタッチをしてしまった場合は、その地点から相手の間接フリーキックとなります。

図を用いて、さらに解説していきます。

バックパスの反則を取られるケース

下記の2ケースでは、バックパスの反則を取られ、相手に間接フリーキックを与えることになります。

バックパスルール解説図面01
ゴールクリアランスでプレー再開。自陣内にいるゴレイロへバックパスが来た。相手選手がボールに触れていないため、バックパスの反則となる。
バックパスルール解説図面02
キックインの場面。ゴレイロがキックインを行い、ピッチ内に戻った後にパスを受けた。この場合もバックパスの反則となる。

バックパスの反則を取られないケース

下図のように自陣内であっても、相手選手がボールに触れた後であれば、バックパスを行えます。

バックパスルール解説図面03
ゴールクリアランスでプレー再開。Aが出したパスに対して相手選手がボールに触れた後にBの選手にパスが通った。この場合は、Bはゴレイロへバックパスを行うことが可能。

ゴレイロが相手陣内に入ったケース

ゴレイロがハーフウェーラインを越えて相手陣内に入ったケースです。これはいわゆる「パワープレー」の状態となり、問題ありません。

バックパスルール解説図面04
パワープレーの状態。ゴレイロは何度ボールに触っても問題ない。