サッカーのゴールキックに当たるのが「ゴールクリアランス」

フットサルのゴールクリアランスの様子

サッカーのゴールキックに当たるのが「ゴールクリアランス」です。

適用される場面はサッカーと同様に、攻撃側の選手が最後にボールを触りゴールラインを越えた場合となります。

ただ、プレー再開時の手段がサッカーと異なります。守備側のゴレイロがペナルティーエリア内からスローイングすることでプレーを再開します。ボールを蹴るのではなく、投げるところがサッカーと異なります。

当然、足で蹴るよりも手で投げるほうがボールを正確にコントロールできます。したがって、このゴールクリアランスからチャンスが生まれることも多々あります。スローイング技術はゴレイロにとっても大切なスキルの1つです。

なお、ゴールクリアランスからのボールについては、味方選手はペナルティーエリア外でボールを受ける必要があります。

また、ゴールクリアランスによりゴレイロが投げたボールが直接、相手ゴールに入った場合でも得点は認められません。