フットサルの公式試合におけるベンチ入り人数

ベンチ入り人数

フットサルの競技人数は5名ですが、交代要員としてベンチ入りできるのは何人でしょうか。

答えは「7名」です。

つまり、公式試合では1試合に12人のプレーヤーを出場させることが可能です。

通常は、ゴレイロを2名、フィールドプレーヤー(FP)を10名として構成します。

そして、一般的にゴレイロは正ゴレイロが試合を通して出場し、控えゴレイロは正ゴレイロが怪我するなどのイレギュラーを除きピッチには立ちません。

FPは4人をひとつのセットとし、2つのセットを交替させていくのが基本となります。

試合中の選手起用はもちろんですが、どのポジションの誰をベンチ入りさせるか。監督の手腕は試合前から発揮されているとも言えるでしょう。

なお、国際Aマッチでは最大10人までがベンチ入り可能です。親善試合やテストマッチでは、多くの選手を試す目的もあるからです。