ゴレイロが放つシュートのルール上の扱い

サッカーと異なり、GKであるゴレイロのゴールシーンも数多く見られるフットサル。

味方からパスを受けたゴレイロは、そのままシュートを打ってゴールを狙うことが可能です。ゴールネットを揺らせば、得点として認められます。

したがって、パワープレー時にゴレイロがシュートを決めることもあれば、ゴレイロがパントキックなどでパワープレー返しを行いゴールを決めることもあります。

ただし、ゴールクリアランスで投げたボールやゴレイロが蹴ったキックイン、間接フリーキックが誰にも触れずゴールに入った場合はノーゴールとなります。