前後半で1回ずつ使用可能なタイムアウトについて

フットサルでは前半と後半において、それぞれ各1分間のタイムアウトを使うことが可能です。

タイムアウトと聞くと、バスケットボールを思い浮かべる人も多いと思います。フットサルにおけるタイムアウトの制度も基本的には同じです。

監督が作戦ボードを使い戦術を伝えることはもちろん、選手を休ませたり、試合の流れを変える意図で使われます。

タイムアウトを要求するチームがボールを保持している状況で、なおかつプレーが止まっているときにのみタイムアウトの使用が許可されます。

また、前半にタイムアウトを取らなかったとしても、後半のタイムアウトの時間に加算されたり、取得回数が2回に増えることはありません。

ゲームを支配し優位に試合を運んでいる側のチームは、相手に逆襲のキッカケを与えない意味で、あえてタイムアウトを取らないケースも多々あります。監督の采配の妙が見て取れる、ファンとしては見ていて楽しいポイントです。