警告となる「イエローカード」の説明

イエローカード=警告

フットサルにおいてもサッカーと同様に、いきなり選手を退場させるのではなく審判による「警告」の提示というものがあります(もちろん一発退場となるレッドカードもあります)。そのときに用いられるカードの色もサッカーと同じ黄色、つまり「イエローカード」です。

イエローカードの対象となる反則やプレーとして、主に下記が挙げられます。

  • 反則の繰り返し
  • 言葉、または行動による審判への異議
  • 交代についての違反
  • リスタート時に5mルールを守らない

この中でも、フットサルらしい警告としては、交代時の違反が挙げられるでしょう。

フットサルにおける選手交代は、「交代選手が完全にピッチの外に出たあとに交代ゾーンから入らなければならない」と決められています。

交代選手がまだピッチの中にいるのにピッチ内へ入ってしまったときや、交代ゾーンの外から入ってしまった場合などは、このイエローカードの対象となります。