FIFAによる検定を受けた国際公認球をはじめとしたフットサルボールの検定についての解説

フットサルボール検定球

フットサルボールにもサッカーと同様に国際公認球やJFA検定球が存在します。

FIFA(国際サッカー連盟)の基準

FIFAが設けた検定用基準には「FIFA APPROVED」と「FIFA INSPECTED」という2種類があり、それぞれで役割が異なります。

英単語の意味としては、それぞれ「APPROVED=承認を受けた」と「INSPECTED=検査を受けた」となります。

この2つの基準について下記に解説しておきます。

FIFA APPROVED
ワールドカップなどの国際試合で使用できるボールと認定された場合に印字される。
FIFA INSPECTED
競技レベルにおける試合や練習に適したボールと認定された場合に印字される。

実際の「FIFA APPROVED」基準を満たしたフットサルボールとしては、下記のボールなどがあります。

molten(モルテン) フットサルボール ヴァンタッジオ 4000 国際公認球 FIFA APPROVED 検定球 4号
molten(モルテン) フットサルボール ヴァンタッジオ 4000 国際公認球 FIFA APPROVED 検定球 4号

JFA(日本サッカー協会)の基準

FIFAとは別に、JFAが行う独自の検定をクリアした「JFA検定球」というものもあります。

FIFAが設定した検定基準と比較すると、JFAの検定基準は比較的緩くなります。

Fリーグの公式球に採用されているメーカー「MIKASA」のボールはJFA検定球であり、FIFA APPROVEDをクリアしたボールよりも価格が安い商品が多いです。

はじめてフットサルをやる場合には、下記のようなMIKASAが発売しているJFA検定球がオススメです。

ミカサ(MIKASA)フットサル検定球
ミカサ(MIKASA)フットサル検定球