生活用の眼鏡を着用してフットサルをプレーするのは控える

フットサルのプレー中はスポーツゴーグルを着用

日常生活においてごく普通に存在するいくつかの道具。その中のひとつに眼鏡(メガネ)があります。

視力が悪い人にとってはもちろん必須アイテム。また最近では、機能性メガネとしてブルーライトをカットする「PC用メガネ」なども存在していますね。

そんなメガネですが、基本的にはスポーツと相性が良くありません。そして、フットサルにおいても使用を控えるべきアイテムのひとつとなります。

自分だけでなく他人のためにもメガネはNG

メガネでスポーツをするのは危険を伴います。そして、その対象は自他共にです。したがって、メガネを使用するしないはマナーとして考えましょう。

仮にメガネをかけてプレーする本人だけに怪我の可能性が生じるのであればまだ言い訳の余地がありそうですが、実際は一緒にフットサルをプレーする仲間にも影響を及ぼします。

フットサルはエンジョイレベルでも、少なからずボディコンタクトが発生します。ボールを競り合った際にメガネにより他人に危害を加えてしまう可能性はゼロではありません。

こう考えると、フットサルを楽しくプレーするためにはメガネの着用は控えるべきだとわかりますよね。

メガネの代替手段として「コンタクトレンズ」か「スポーツゴーグル」を使用

メガネを外して遠くが見えない中でフットサルをプレーするのも、もちろん危険です。

したがって、メガネの代替手段として下記2つを装着します。

  • コンタクトレンズ
  • スポーツゴーグル

普段の生活からコンタクトレンズを使用しているのであれば、そのままコンタクトレンズを着用してフットサルに臨むのがいいでしょう。

そうではなく、普段の生活で物理的なメガネを使用している人には「スポーツゴーグル」がオススメです。そう、元サッカーオランダ代表選手であるエドガー・ダーヴィッツが身につけていたアレです。

度付きのスポーツゴーグルも販売されており、耐衝撃性に優れた素材を使用していることも多いです。接触プレーでも安心して使用することができます。

特にコンタクトレンズを使用させていない子供にはスポーツゴーグルの方が適しているでしょう。

スポーツメガネ REC SPECS(レックスペックス)アーミーブラウン
スポーツメガネ REC SPECS(レックスペックス)アーミーブラウン