パワープレーの主なシステム

パワープレーのシステム

ゴレイロの選手も攻撃に参加しピッチ上の5人全員で攻めていく戦術「パワープレー」。

多くの場合、ゴレイロ専門職の選手がそのまま前線に上がるのではなく、フィールドプレーヤーと交代しパワープレーを仕掛けていきます。パワープレー時は必然的に「5対4」という数的優位な状況となりゴールチャンスを作りやすくなります。

しかし、本来ゴール前にいるはずのゴレイロが相手陣内にいるため、自陣ゴールはガラ空きとなり失点のリスクが高い戦術でもあります。

ここでは、そんなパワープレーで用いられる主なシステムを3つ紹介します。

3-2

パワープレーのシステム「3-2」

最もオーソドックスなパワープレーのシステム。ゴレイロも含め後方に3人、前線の両サイドに2人を配置します。

ボールを失ってのパワープレー返しによる失点を防ぐ意味で、後方の3人がセーフティにパス交換をしながら、相手守備を揺さぶっていくのが基本的なスタンスです。

2-1-2

パワープレーのシステム「2-1-2」

前後に2人ずつ、そして中央に1人を配置したシステム。

相手選手間のスペースを突くことを狙っていきます。

1-2-2

パワープレーのシステム「1-2-2」

逆三角形のような形のシステム。

両サイドの選手がダイアゴナルランにより中央に入っていくことで、シュートチャンスを狙っていきます。