攻撃から守備への切り替えがスムーズに行えるシステム「2-2(ボックス型)」

システム「2-2」の配置を表した図面

「2-2」システムは、前線に2人、後方に2人を配置するシステムです。その形状から「ボックス型」とも呼ばれます。

前線の選手は攻撃に重点を置き、後方の選手は守備に重点を置く。このように攻守の役割が明確化されやすいフォーメーションです。

このシステムを選択した場合、「1-2-1」システムより攻撃力を強化している分、得点が期待できるとともに、ボールを失った際もすぐにディフェンスに切り替えて前線からの素早いチェイシングが可能です。