ループシュートなどで活躍する「チップキック」

チップキックを解説した図面

チップキックは、つま先をボールの下側に差込むようにして蹴るキックです。通常、浮き球を蹴る際に使います。

具体例をあげると、ループパスなどを狙う場面で使用されます。

サッカーと違いフットサルのチップキックは、蹴るというよりは足を使ってボールを持ち上げる感覚に近いかもしれません。

フットサルではスペースが狭いため、シュートやパス以外にも相手を抜く際に軽くボールを浮かせることがありますが、そうしたプレーもある意味ではチップキックの応用でしょう。