意表をつくことができる「ヒールキック」

ヒールキックを解説した図面

サッカーでもお馴染みの「ヒールキック」。文字通り、「踵(かかと)」で蹴るキックです。

キッカーの視線とは逆になる後方へボールを動かすことができるため、相手の意表をつくことができます。

ただ、フットサルで後方にボールを流すときはヒールキックよりも"足裏"でボールを転がすケースのほうが多いと思います。

やはり、踵という小さな面でボールを蹴るより、足裏のほうが面が広いためコントロールしやすいです。