相手ディフェンスに足を出されてもパスカットされにくくするために「浮き球」を使う

「浮き球」によるパスを解説

浮き球は特に「パラレラ」を行うときに使用されます。

サイドからタテへのパスとなるパラレラはフットサルの典型的な攻撃パターンである以上、当然のように相手も警戒してきます。

そのときに相手選手の足が届かないぐらいの高さに浮かしたボールを供給できれば、必然的にパスカットされにくくなります。

イメージは、腰と膝の間ぐらいの高さのパスです。

理由は、人間の身体を考えるとよくわかるでしょう。胴体から両手両足が伸びていて、フットサルは両足を使うスポーツだからです。

こうしたパスを出すためには、アウトサイドでボールをすくい上げるようにするのがポイントです。

パスが低すぎても相手の足に当てられてしまうし、逆にパスが高すぎても味方に届くまでに時間がかかり相手ディフェンスに寄せられてしまうとともに、パスの受け手である味方がボールコントロールしにくくなります。

理想の高さで浮き球のパスを供給できるように練習してみましょう。