ボールを浮かせやすく、カーブをかけたボールを蹴る際に使われる「インフロントキック」

インフロントキックの図解

インフロントキックは、親指の付け根の外側で蹴るキックです。

ボールの下に蹴り足を入れるのでボールを浮かせやすく、敵の頭越しのパスやFKなどに有効なキックになります。

また、内側にカーブするボールを蹴るときにも使われます。

ボールをこするように回転を与えてカーブさせるため、ボールに勢いを与えるには蹴り足の振りのスピードも必要になってきます。

蹴るときに、足で弧を描くように蹴り足を内側に巻きつけるイメージを持つといいでしょう。

フットサルでの回転をかけたボールの使いどころ

このインフロントキックは、わかりやすく表現するとサッカーのフリーキックの場面で壁を越えるようなボールを蹴りたいときに使われるキックです。

ただ、フットサルはコートが狭いです。つまり、ゴールまでの距離が近い。

したがって、インフロントキックを使用してのバナナシュートのような弾道は曲がりきる前にゴールラインに到達してしまいます。

その点を注意し、試合の状況をしっかりと把握しながらインフロントキックを使っていきましょう。