ボールの中心を蹴って押し出すイメージが大切な「インサイドキック」

インサイドキックの図解

足の内側の真ん中の広い面で蹴るキックがインサイドキックです。

ボールをコントロールしやすく、実戦で最も使われるキックの1つ。最初にマスターしておくべきキックとも言えるでしょう。

このインサイドキックを一言で言うと『ボールの中心を蹴って押し出す』イメージになります。

何よりもボールの中心を捉えることが大切です。

ボールの下を蹴ってしまっては浮いてしまうし、ボールの上を蹴ってしまったらボールに回転がかかり安定しなくなります。

ピッチの状況によってはインサイドキックで浮き球を蹴るケースもありますが、まずはボールの真ん中を捉えることから練習を始めましょう。

基本であるインサイドキックをマスターするためのポイント

うまくなるには基本から。

まずは練習時にボールを目からそらさないことを意識しましょう。

蹴る方向を確認した後は、実際にボールを蹴り終わるまでそのボールを見続けることが大切。そうすることで、ボールの中心を捉えやすくなりプレーも安定するはずです。

あとは、インサイドキックであっても、蹴りたい方向に上半身を向けることも重要です。

無理な体勢でボールを蹴ろうとしても、足がスムーズに振れなくなります。