キックのポイントは「上体を後ろに反らさない」こと

ボールを蹴る瞬間の写真

キックの際の初心者向けアドバイスとして1つあげられるのが「上体を後ろに反らさない」ことです。

反らさない、つまり上体をややかぶせ気味にする。

こうすることで、蹴ったボールにしっかりと力を伝えることができます。

逆に上体を反らした体勢でボールを蹴っても、ボールに力がうまく伝わらずスピードが弱くなってしまいます。

また、上体をかぶせることによって、次の動きにもスムーズに移行することができます。前へパスを出した後にそのまま前方へ走り抜けるときにスピードをつけやすいです。

サッカーの経験がなくフットサルをやり始めたばかりの人は極端な話、上体はやや前屈みでボールの進行方向に体重を乗せるぐらいの意識でボールを蹴るといいでしょう。

ウォーミングアップなどで、向い合ってパスを出して逆サイドへ走り抜ける練習を行いますが、このときに「上体をしっかりとかぶせているか」、「スムーズに次のプレーに移行できているか」を意識すると上達も早くなると思います。