ボールの下側に蹴り足を入れて浮かせるキック「アウトフロントキック」

アウトフロントキックを解説した図面

アウトフロントキックは、小指の付け根の外側で蹴るキックです。

サッカーは中距離~長距離の浮き球を蹴ることが多いため、このアウトフロントキックを使っているプレーをときどき見かけますが、フットサルのプレーではあまり見かけません。

それはやはりフットサルがグラウンダー中心でプレーされる競技だからです。

パワープレー返しをする際に回転をかけてゴールを狙うシーンはときどき見受けられます。そうした回転をかけた浮き球は、このアウトフロントキックの特徴となる部分です。

回転をかける際はインフロントキックと反対の弧を描くようなフォロースルーを取ります。蹴り足は外から内への軌道になります。