小さなモーションですばやく蹴れる「アウトサイドキック」

アウトサイドキックの図解

足の外側の広い面で蹴るキックがアウトサイドキックです。

最大の特徴は小さなモーションですばやく蹴れること。したがって、ドリブル中やフェイントをしかけた後などに有効なキックです。

モーションが小さい分、強いボールを蹴ることは難しいので、遠目からのシュートやロングパスには向いていません。

Fリーグなどを見ていると、トップスピード中のパスやノールックパスの際に多用されているので注目です。

アウトサイドキックを上手に蹴るポイント

アウトサイドキックは軸足の位置がポイントになります。

軸足をボールの真横に踏み込むと、蹴り足が窮屈になってしまって蹴り足の振り幅がなくなります。

そうしたことを防ぐために、踏み込む軸足の位置は「ボールの後方」を意識しましょう。これにより蹴り足を振る際の軌道が確保されます。