守備の鉄則「自陣ゴール前では無理をしない」

自陣ゴール前では「安全第一」

サッカーでも同様のことが言える守備の鉄則中の鉄則。それが「自陣のゴール前では安全なプレーを選択する」こと。

何をいまさらという感もあるほど当たり前のことですが、試合中に冷静さを失い、このことを忘れてしまっては意味がありません。

鉄則である理由は当然、「自陣ゴール前でボールを奪われると即失点につながるから」ですね。

相手にボールを奪われる危険性があるなら、最悪はタッチラインに逃げることも1つの選択肢です。相手キックインとしてしまい、相手がボールを蹴るまでの時間を使って、ディフェンスを立て直すことができます。

または、タッチラインに逃げずに相手陣内へロングボールを蹴るという選択肢もあります。ロングボールで蹴り出すときも、正確さよりも大きく蹴ることが大切です。コントロールミスにより、相手陣内からのキックインでも問題ないからです。

状況を見ながら、味方同士で『ここはセーフティーに行こう』などの声を掛け合うことも大切になってきます。