受け手にも出し手にもやさしくなるパスの3つの工夫

パスの3つの工夫

練習での対面パスから始まるフットサルの基本技術「パス」。

インサイドキックなどで正確にボールを蹴れるようになった後は、試合でそれを活かしたいはずです。

ただ、フットサルは相手があっての競技。試合中は、相手のディフェンスを考慮したパスを使う必要があります。

ここでは、パスのクオリティを高めるために意識しておきたいポイントを3つ紹介します。

パスは受け手の利き足に出す

味方の利き足はチームメイトであれば知っているはずです。

味方にとって優しいパスを出すための第一歩は、利き足へボールを届けることです。

たったのこれだけで、パスの受け手はトラップ時のコントロールミスを減らすことができます。

ただし、受け手が相手ディフェンスからプレスを掛けられている場合は、必ずしも利き足がいいとは言えません。状況に応じて、判断する必要があります。

相手マークから遠い方の足に出す

プレスを掛けられていて相手マークが厳しい味方へは、利き足にこだわらず相手から遠い方の足へパスを出すべきです。

味方のキープ力にも依りますが、受け手は相手マークとボールの間に自分の身体を入れることでボールキープしやすくなります。

ただし、受け手となる味方のスキルと相手選手のレベルによっては、ボールを奪われることにつながるので注意が必要です。

受け手は裏のスペースを突く動きを試みることも大切

フットサルはコートも狭く、スペースが少ない競技です。

パスをもらう受け手側は、ただその場で待っているだけではいいパスをもらうことはできません。やはり、試合中は相手ディフェンスのことを常に考えておく必要があります。

そこで、ディフェンスの裏を狙う意識を見せることが大切になってきます。

特に相手が警戒心なく、マークを厳しくしてきた時はチャンスとなります。一気に裏のスペースへ走り、パスが出てくれば決定機を演出することができるからです。