フットサルでは必要不可欠「トーキック」

トーキックの図解

トーキックは、つま先で蹴るキックのことです。トゥーキックとも書かれます。

フットサルでは多用されることから、フットサルの特徴の1つにも数えられます。

膝下の小さな振りでも、短い距離であればゴールネットを揺らすことのできる強いボールを蹴ることが可能です。

特に、相手との競り合いでいち早くボールに触れたい場面や相手の不意をつきたい場合に有効です。となると、狭いコートで相手との距離が近いフットサルでは必要不可欠といえるでしょう。

ただ、つま先という小さい部分を使って丸いボールを蹴るということは、やはりコントロールすることが難しくなってきます。

そこで1つアドバイス。コツとしては、蹴る瞬間にボールから目を離さず「ボールの中心」を突くこと。

そして、足首を固定したままボールに向けてフォロースルー。これだけでコントロールが増すはずです。

怪我をせずにトーキックを蹴るために注意すべきポイント

繰り返しになりますが、トーキックはつま先を使ってピンポイントで蹴るキック。

したがって、広い面を使って蹴るインサイドキックなどと比べて、指への衝撃は必然的に強くなります。特に向かってくる速いボールを走りこんで蹴ったりする場合などは、より衝撃が増します。

そこで、注意したいのが足の指を丸めて蹴らないこと。指を反らせて、指の腹で突くようなイメージが大切になってきます。